HUNTER's LOG

0817b.jpg

出オチ編

 "B"LOG
 2009.08.17

さて、今朝目が覚めましたあたしはややぼーっとしながらいきなり記事のことを考え始めたのです。週明けに目が覚めて直後にモンハン記事のことを考え始める頭もどないやねん、という感じもしますが、そんなことは些細なことです。

ふむ、あの「幕間のチュートリアル」的なクエストはなかなか斬新だった。ラギア倒して、チャチャがいなくなっちゃって、少しして戻ったチャチャが地震の真相に迫る巨大なモンスターの姿を見かけたのだというわけでした。毎度おなじみのラストの風雲急を告げる雰囲気に包まれる村。で、その真相を確かめるための海中洞窟へむけての探索クエだったわけです。

双眼鏡必携で、おそるおそる泳ぎながら、遠目に様子を違えた海中を探索していって……あれ?クエスト名なんだっけ?大体写真撮りすぎたかしらね。ちょっとどの写真を使うか先に見繕っておかないと……。

と、MacBookをひらいたあたしは愕然とするわけです。写真がない。
あれ?あれ?保存ミスったのか?変な階層に入ってんのか?とかやや慌てつつ、さらなる衝撃の真実に気がつき背筋が凍るのでした。

え?夢?

あたしは…あたしのアタマは夢で見たクエストの記事を書こうとしてたのかっ!

0817p.jpg
かもわからんね

どんな写真撮ったかまで鮮明に「覚えて」いるという……。
もー、なんて言ったら良いのでしょう。

皆様、何事も程々に(TT)。

blank.gif

ラギア討伐

気をとり直しまして(笑)。

えーと。お盆前はどこまでやったんだっけ。ラギアだ。倒したのだ!これは夢ではない(笑)。
撃退されたラギアが怒りも新たに村を目指しているのだということで迎撃に出たのでした。

0817i.jpg
めっちゃ怒ってます

そういえば遂にの一死献上だったのでした。ツエェなあ海中のヤツは。正確にはtri-開始直後に寝オチしてる間に「何か」にどつかれまくっていつの間にかキャンプにいた、というのはありましたが(笑)、それはノーカンとしますとガチでの一死でした。ハンター装備(頭はレザーライトのヤツ・共に上鎧玉強化)にハンマーの「ロックボーン改」で針15で一死。

例の画面的には海が続いているのにそれ以上泳いでいけないというトラップ地点へ押し込まれました(TT)。その後、もうちょっとだと思い込んで秘薬をケチってのチキン立ち回りで針25へもつれ込んでの討伐。虎の子の支給品の閃光玉を決めたものの3タテ空振り(海中)とか泣けましたなー。あはははは。

しかし今回のモンスターは「回復しながら戦い続ける」というモンハン本来の姿に戻ってますね。特定のシチュエーションだと連撃喰らって回復Gも蜂の頭も無くシボンヌ、ということは無さげです。ラギア戦も電撃喰らいまくったら分かりませんが。

まだ立ち回りもへったくれもありませんが、ラギアはとにかく海中戦をいかに安全に過ごすかに尽きるでしょう。スタミナ奪って地上戦に持っていくか、海中では拘束を多用するか。海中怒り時も立ち回りの構築は可能っぽいですが(おそらく「上をとる」がキーです)、皆が皆、とは行かない難易度の様に見えます。10番で浜側で角笛とか吹いたら飛び出してくるのかしら。

blank.gif
m06.jpg
○リオレイア
×リオレイヤ

レイア・ギギネブラ

内容はともかく、一応これで島に召還されたお勤めは果たしたわけですが……冒頭の様に、実は島を襲う地震の真相はラギアではなく……これも……夢、じゃないよねえ?ということなんですが、どうもこれは恒例の「村ラスト」へのスパートらしいので、やや遠目に(笑)。

ラギア討伐前後には懐かしの(既に「懐かしい」という感想が出てくるという…笑)レイア登場とかギギネブラキメエ!とかありましたのでした。

0817d.jpg
女王降臨

レイアはレイアでしたな。
極端な話、例の低空ホバリング状態を無視したら従来通りの立ち回りで十分対応できます。低空ホバリングも何気にペッコで慣れている状態での突入になりますので「勝手知ったる」という自分のハンター歴が実感されます。

むしろトリッキーなノーモーションサマーソルトとか無いみたいですし、咆哮も迫力が増しましたが硬直解除後の動作で対応可能という、これはミナガルデ時代のレイア戦に近いかもです。ゲーム上の敵としての改変じゃなくて、モンスターそのものとして考え直したらこうなった、というtri-の「なるほど」感が実感される相手ですね。

ちなみに登場ムービーでレウスばりにアプトノスに食らいついてるレイアですが、あのあわれなアプトノスは剥ぎとりできます(笑)。と言っても二度は無い機会ですが。

blank.gif
m14.jpg
○ギギネブラ
×フルフル

で、「ギギネブラ」。キメエ!終了。

ともいきませんですな。大変興味深い存在です。
前回「凍土」ほとんど写真載せなかったのでその辺も。

0817e.jpg
ギンモヂワ゛ルイ〜

まず、その骨格のベースがティガ・ナルガに類するオールドタイプの飛竜種であるという点が衝撃です(飛竜種です)。全体的にはフルフルが毒タイプになったtri-版なんですが、この骨格はどういうことだ?

・ オールドタイプの飛竜種がアルビノ化

は良いとして、問題はフルフルにどうつながるかです。

1. ギギネブラがフルフルに進化した。
2. それぞれ独自にアルビノ化した。

の2タイプが考えられます。うーむ、まず「2」かしらね。そういえば以前フルフルが雪山に出るのは「渡り」のようなもの、フルフルのアルビノ体質が極低温に強いとは思えない、とか書きましたが、実はこの「凍土」こそがアルビノ体質の飛竜を生んだのだ、とかなるのかも。
今回まだ出てきません「ベリオロス」などのオールドタイプの骨格を持つモンスターが凍土に揃ってるところからして、温暖地域では淘汰された骨格をベースに独自の進化を生んだ「凍土」なんて感じなのかも。

関連でバギィ。こいつらの睡眠攻撃についてちょっと。ご存知ではありましょうが、今回の「睡眠」状態はその場でバタンぐーではなくて、ヨロヨロしばらく移動することができる時間があったあとにバタンといきます。で、このヨロヨロ移動でエリチェンすると寝ないですみますね。ギギネブラとかとやり合ってる過程でバギィの睡眠攻撃喰らうと色々ヤバいのですが、あらかじめエリチェンできる範囲で立ち回る、という線はありかもです。

0817f.jpg
「凍土」フィールド

で、この辺のフィールドとなる「凍土」ですが、これこれ、これ良いですね。

0817g.jpg
はじめ分からなかった

こういったエリアチェンジがあるという。今回モンスターが逃げ出す「経路」も結構ちゃんとしてまして、通り抜けられそうな穴がちゃんとできている。いきなりサルが空飛んだりはしない(笑)。十分広く確保されているところはハンターも使ったりする、ということでしょうかね。もう何カ所かあっても良かった気もしますが。でも迂闊にそんな穴を「追った」ら穴の中で恐ろしい反撃が来そうでもありますね。やはり人間とモンスターの「経路」は違う、という。

0817h.jpg
割れそうな地面(氷面?)

あ、そうだ。ハンマー使いの方、凍土怖くね(笑)?
この写真の地面とかもう氷なんですが、なんかハンマーでスタンプするとそのまま「ガッシャーン!」といきそうにしか見えない(笑)。ていうかひょっとしてそういう「ガッシャーン!→氷水にドッポーン」という場所が……と思ってあちこち叩き回ったのはあたしだけではありますまい。

blank.gif

火山

そんなこんなでラギア討伐しますと「火山」開通となります。
もー、どんだけ溶岩なんだという(笑)。今までの火山くらいだと「しんどそうなところ」くらいの外観でしたが、今回はもう「死にそう」です(笑)。
立ってるだけで「早く帰らないと死ぬ」と実際思う。

0817j.jpg
これでもかという溶岩

大体運搬クエストに行ったらいきなりなんかイルし(笑)。

0817k.jpg
見るからに「ヤバ」そう

うおお、コエエよ、コエエよという感じなんですが、あいつは和んだ。「ウロコトル」。事前の情報とかだと魚竜種の火山適応タイプなのかと思ってましたが、ルドロスみたいな水獣系ですね。

0817l.jpg
視力が悪いのか?

攻撃してくる、と言うよりも必死にくちばしをカタカタいわせているのです。ウロコトルに限った話じゃないですが、モンスター達は一生懸命なんかしますね。威嚇したり飛び跳ねたり、こう「人の理屈」じゃない自分たちの編み出した「なんか」を必死にやってくる。いきなり斬り掛かるハンターの方が野蛮に見えてきますよ(笑)。


という感じでまだ「火山の強敵」というのは出てないのですが、こんな物が出てしまった。

0817m.jpg
ありゃー

いきなり絶一(笑)。
どーなんですかね、これまだ凍土に続いての二つ目の「錆びた塊」だったんですが。今回塊のまま持って帰れない様でして、クエスト終了時に「鑑定」されるのです。要はリセットを使っての「当たりを引く」方法が通用しない。その分古代武器が「当たる」確率が上がってるのかしら。まだ素材的に絶一には強化できないですが、なんかいきなり運使い果たしてないでしょうね(笑)。

blank.gif

ヘッドルーペと粉塵と

あとは今のところ単独記事にならなそうなおまけ。

0817n.jpg
レザーライト

ローグは他の防具がなんだろうが頭がレザーライトに固定されつつあるのですが、これはやっぱりあれですよね。ヘッドルーペ(双眼ルーペ)。

0817u.jpg
ヘッドルーペ

工房の爺さんに「おめえは見所がある」と褒められたわけですが(いや、みんな褒められるでしょうが)、ローグはもともと結構この道も得意だったと。「爺さん分かってんじゃねえか」とか言ってるに違いない(笑)。

いともあっさりトレードマークになりそうな防具が出たのは良かったでした。それなり、とはいえ強化もできますしね。これは早々にオリジナルで3Dイメージを作りたいかもしれん(笑)。

さて、粉塵粉塵粉塵をはやくしれ〜!とやかましいのがおるのですが(笑)、実はちょっと序盤心配だったのですよ。半ばを過ぎても「竜の爪・牙」が出なかった。上のレイア・ギギネブラ位でようやく出たのですが、ちょっと粉塵の大量確保のために乱獲する相手とするにはどうなのよクラスです。

0817o.jpg
交易で来ました

と思ってましたら「交易の品」に出ましたね。何と、回復魔人やりたきゃモガの森をしっかりやれとな?

どんだけあたし向けに出来てんのこのゲーム(実は最近ちょっと怖くなってきた……爆笑)。

ということで村ラストに向いたくもありますが、やはり「HUNTER's LOG」的にはここらで本格的に「ハンターの生活基盤」の確立に向わなければ、という感じなのでした。

line.giftext.gifline.gif

0802q.jpg

HUNTER & EDITOR

オンラインでお目にかかるハンターの名前は30代おっちゃんキャラの
Rough (Rough.C.Tanba)
となっております。
サイトの編集者はサイト名と同じで
HUNTER's LOG
です。どちらであってもカタカナで「ログさん」という感じでどうぞ。